So-net無料ブログ作成
検索選択
カスタム検索



1/35 VRC-105 ブログトップ

イタリアVer.を造るゾ [1/35 VRC-105]

今日はついでに、TRUMPETER の B1 Centauro AFV も救出です。

VRC-105 との、差別化をどうするか。
VRC-105 のスキームはそのままで、こっちをオリーブ・ドラブにしようかナ。

ま、その前に、組み立てなきゃ。

やっぱ、チェンタウロもネ申スキームに汁。 [1/35 VRC-105]

ということで、こっちでも塗装レシピをメモっとく。

#500のサフで梨地にして
ダーク・グレイを筆塗り
フラットを吹いたら、面の端を濃く、面の中心を薄くフラット・ブレックを墨入れ&ウォシング
パープル・ヘイズ4を面の端を残しドライブラシ
パープル・ヘイズ2をパープル・ヘイズ4の端を残しドライブラシ
再度、パープル・ヘイズ2を全体が白くなるよう、ドライブラシ
エッジをフラット・ホワイトでドライブラシ

足回りは、ウェザリングスティックの【サンド】とウェザリングマスターの【ライトサンド】で
仕上げる。


チェンタウロ 下地塗り [1/35 VRC-105]

パネル毎に、色の変化をつけるため、#500のサフ吹いたら、パネル別に
マットブラック、ダーク・グレイ、ガル・グレイ、マット・ホワイトを塗って
軽くオリーブ・ドラブを塗る。
その上から、、オリーブ・グリーン、カーキ・ドラブ、ダーク・グリーン
NATOグリーン、イエロー・グリーンを塗ると_〆(。_。)


ウォォォオおお!!!11!!!! しくじったぁぁぁぁああああ!!!!! [1/35 VRC-105]

インストよく見たはずが、ペリスコープ付けずにハルくっ付けたぁぁぁああああ orz

でも、冶具でなんとかできるし、そもそも、クリア部分が汚れるから
どの道、後付けになるから、結果おk。
と、ポジティブに考えるブーム

あと、ペリスコープも間違えてランナーから切り離したwwwww
小さいほうが、「1」で大きいほうが「2」。「2」がドライバー用。

それにしても、1/35 って久々だから、1/48 に慣れてるとでけぇぇぇ!!!!
ケースも買ってこないといけないナ。

で、この "CHROME" のプラって、 "TRUMPETER" とかと同じで柔らかい。
ゲートも結構、パーツに近いとこで切っても、さほど欠けないから
ゲート処理も楽。

それにしても、いい時代になりますたヨ。
チェンタウロがガレキじゃなくって、インジェクションで買えるんだから。
現用派としては、嬉しい環境でし。

って、ほんと食い散らかしてんなwwww

CENTAURO のスキーム [1/35 VRC-105]

実は、"CENTAURO" の資料が、UN仕様の白がほとんで、緑系が少ない。
で、その少ない緑系の資料を見ると、どうやら明るい緑っぽい。
それも、パネル毎に微妙に彩度が違う。
黒くしたり、茶色かったり、白かったりする。
結構、面構成が多いから、このスキームはやり易いかも。
墨入れは黒にして、しゃぶしゃぶにした、黒や茶色、白を幅の広い平筆で
サッと撫でる感じで色をつければいいかな。


1/35 VRC-105 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。