So-net無料ブログ作成
検索選択
カスタム検索



1/48 ヤークト・パンター ブログトップ

ヤークト・パンサー作業メモ [1/48 ヤークト・パンター]

・ワイヤ(小)の墨入れ&取り付け。
・牽引ワイヤの組み立て&塗装。
・シャックルの塗装&取り付け。
・ジャッキの墨入れ&取り付け。
・ジャッキ台座の塗装&取り付け。
・予備キャタピラの塗装&取り付け。
・ディスプレイは、昔のタミヤの箱絵っぽく、どこぞの路上という設定で。
・テストで造る、ヴィルベルヴィントと絡めた、ディオラマ。


作業メモ [1/48 ヤークト・パンター]

ジャッキの墨入れ。
OVMの木色塗装
キャタピラのシルバードライブラシ & レタッチ

キャタピラ色の調色。レッドブラウンブラックかハルレッド&ブラック?
それともフラットブラウンとブラック?
ま、やってみよ。

あと、フィルタリングでXF-18、XF-23、XF-66を試してみる。
少し青みがかった感じに仕上げたい。


リモネン、ハァハァ(*´д`*) [1/48 ヤークト・パンター]

ヤークト・パンターを連休中に買った。
というか、連休中はそれ以外ほとんと自宅警備員してた。_| ̄|O
これは、ヤバイゾ。
そのせいか順調に作業進んでます。
で、これも今更ですが、最近リモネン系接着剤使ってます。
溶剤の臭いがしないので、健康によいのですが
その代わり、サク●のドロ●プキャンディというか
駄菓子屋の粉ジュースというか
オレンジの甘い匂いが部屋に立ち込めてます。
基本塗装が終ったので、明日はタイヤ・ブラック塗って
ロアハル完成したい。


ヨンパチの勢いに乗って [1/48 ヤークト・パンター]

てか、乗るのか?
ヤークトパンサーも造っちゃおっと。
スキームは、失敗したヘッツァーがこれはこれで、おっけ~なので
ちゃんとした形に残そうというのと、やっぱヤークトかっくいいから
造りたいということですネ。

TAMIYAの48シリーズはすぅんごいよ。
部品の完成度というか、加工精度が秀逸。
ほとんど、修正いらないんだから。
素組でこんだけ簡単に完成度の高いのができるって
いい時代になったというか、すっげぇー時代になったもんだ。(@o@)


1/48 ヤークト・パンター ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。